何を重視して働くのか

労働時間が短いとそれだけ給料も安いわけですがその分だけ自分の時間を作ることができるのでせかせかと働きたくない人はそちらの方が向いていると言えるかもしれません。基本的に何を重視して働くのかということに決まりはありませんから自分の気持ちに素直になることが大切です。

例えば、夜勤が毎週の様にあって生活サイクルが乱れてしまっているという看護師さんであれば疲れがなかなか取れないということも多いでしょう。もし、そういった生活に限界を感じているという場合には日勤だけという条件で働ける職場に移ることを考えるようにしてみたほうが良いかもしれません。

でもそんなことをしたら年収が大きく下がってしまうのでは?と不安に感じている人もいるかもしれません。ですが、看護師の資格を持っている人に関してはその心配というのは全くありませんので転職をするということに対してあまりにもシビアに捉える必要というのはありません。

なぜかというと、基本的に多くの医療機関では看護師が不足しているという現状があるからです。やはり、人手が足りていない医療機関であればとにかくすぐにでも来てほしいという所も珍しくはなく、労働条件に関しても優遇されるケースというのがとても多くなっていたりします。

ですから、転職をするということに関して難しく考える必要は全くないわけです。そういった事情があるのだということが分かれば新しい環境に移るということに対する心理的なハードルもグッと低くなるでしょうからぜひ日勤のみで働けるような無理のない医療機関を探してみると良いかと思います。